目の上の脂肪取り【最新情報】



目の上の脂肪取り


目の上に脂肪があると、まぶたが厚くなり、腫れぼったく見えてしまいます。

目の上の脂肪を取るには、自力でマッサージをしても効果がなく、整形による切開法しかありませんでした。

顔の脂肪は、身体の中で一番落ちにくいので、整形による脂肪取りのみが有効でした。

しかし、今ではメスによる切開法が嫌な人に、脂肪溶解注射があります。

最新の脂肪溶解注射は、小顔注射(BNLS注射)と言います。


目の上の脂肪取りに小顔注射


小顔注射(BNLS注射)は、新しい脂肪溶解注射です。

以前の脂肪溶解注射メソセラピーやリジェンスリムは、大豆アレルギーがある人には使えないものでした。

小顔注射(BNLS注射)は、大豆アレルギーの人にも使え、目の上の脂肪を最大30%減らすことができます。

そして、この最新の脂肪溶解注射の売りは、回復までのダウンタイムの短さです。

3週間のダウンタイムを3日間のダウンタイムまで短縮できます。

小顔注射(BNLS注射)の中身に、マロニエ、チロシン、サポニン、クルミなどのボタニカル植物を使っているため、ダウンタイムを短くできました。

昨年あたりから、口コミで小顔注射(BNLS注射)が広がり、人気の目の上の脂肪を落とす方法になっています。

目の上の脂肪を気にする方はやはりたくさんいるようです。

そして切開法を選択したくない人がたくさんいます。


小顔注射で目の上の脂肪を落とす


施術時間は10分。

小顔注射(BNLS注射)を打つところは、上まぶた。

左右のまぶたに、それぞれ小顔注射(BNLS注射)を1本ずつ打ちます。

48時間後に、効果が出始め、1週間後に最も効果が出ます。

1回では効果が出ないので、2回目を1~2週間後に行います。

8割の人は2回以上受けます。

上まぶたには最大3回受けることができます。

目の上の脂肪が取れ、自然な変化を感じられます。


目の上の脂肪を落とすならどこで?


小顔注射(BNLS注射)の値段は、注射の本数で決まります。1本1万円前後が相場。

大手美容外科クリニックの湘南美容外科クリニックなら1本8,600円です。

湘南美容外科クリニックは、小顔注射(BNLS注射)に強い美容外科です。

そのため、人も集まり、 小顔注射(BNLS注射)の症例数は、2万件。日本全体の2割という多さです。

症例数が多いところは、医師の技術も優れています。




↓↓↓湘南美容外科クリニック公式・特別限定サイト↓↓↓



>>小顔注射(BNLS)<<



↑ PAGE TOP